大茶園の小さな農家

静岡茶(深蒸し茶)を販売 大茶園の小さな農家

大茶園の小さな農家

 

コンテンツ

携帯ページ

 
HOME»  おいしいお茶の淹れ方

おいしいお茶の淹れ方

当店の日本茶インストラクターがおいしいお茶の淹れ方をご案内します

 

使用するお湯~湯冷まし

■使用するお湯■
まず使用する水は、水道水を使う場合は沸騰状態を3~5分続け、「カルキ臭」を飛ばして下さい。

■湯冷まし■
今から淹れる上級な「深蒸し茶」は、熱いお湯では美味しく入りません。
ですから、お湯を70℃位まで冷まします。では、「湯冷まし」と、「お湯の計量」を兼ねて、湯呑みにお湯を取ります。この時、茶葉が急須の中で、お湯を吸収する事を計算して「少し多め」に取って下さい。

お湯は、別の器に一回移すことで、だいたい10℃位冷ますことができます。
ポットに90℃のお湯が入っているとすると、これを湯呑みに移すと80℃位、になります。もう一度移せば、70℃位になる計算です。

 

使用するお湯~湯冷まし

 

茶葉の計量~お湯を急須へ注ぐ

茶葉の計量~お湯を急須へ注ぐ

 

茶葉の計量~お湯を急須へ注ぐ

 

■茶葉の計量■
お湯を冷ましている間に茶葉を計量します。一人分は、だいたい2gが目安なので、五人分では、10gとなります。このスプーン1杯で約2gなので五人なら5杯(10g)入れて下さい。

一人や二人で飲む時は、少し茶葉を多め(一人分3g)にしてください。





■お湯を急須へ注ぐ■
急須に茶葉を入れたら、湯飲みで冷まして置いたお湯を注いで下さい。
この時、湯飲み茶碗を抱くように触って、熱すぎなくなれば良いと思います。

 

煎出時間~湯飲みへの注ぎ方

■煎出時間■
そして、お茶の種類や品質によって、煎出時間は違ってきますが、「深蒸し茶」は煎出し易いお茶なので短め、蓋をしてから「30~45秒位」で良いと思います。ちなみに、「玉露や高級煎茶」は、「60℃」のお湯で「2分以上」
煎出します。

 

■湯飲みへの注ぎ方■
注ぎ方は、「廻し注ぎ」と言って、1,2,3と注いだら、3,2,1と戻るようにして、それぞれの湯呑みに注いだお茶の濃さと量が均一になるようにして下さい。

【注意】
その時、急須を急いで傾けると、茶葉が急須の抽出口の網を覆ってしまい、目詰まりを起こす事があります。ですから、急須はゆっくり傾け、抽出口の網を塞がないように注意して下さい。

 

煎出時間~湯飲みへの注ぎ方

 

煎出時間~湯飲みへの注ぎ方

 

■注ぎきる■
そして、最後まで、注ぎきって下さい。はじめに、お湯の量を湯呑みで計量してあるので、ぴったり注ぎきることが出来るはずです。

注ぎ終わって、急須に残っている「お茶の葉や粉」には、まだ、お茶の有効成分がたくさん残っています。ですから、急須から湯飲みにお茶を注ぐときに、急須を回したり揺すったりすることで、お茶の粉をお茶と一緒に湯飲みに注ぐことが出来ます。「深蒸し茶」は、粉の入ったお茶を飲むことで、食べるお茶と同じ効果が期待できます。

 

【注意】
注ぐときに急須を回したり揺すったりしすぎると、苦みが増すので気をつけて下さい。
※「普通煎茶」は、粉が少ないだけであって、茶葉を食べれば同じ効果が期待できます。

【ご提案】
一煎目は、そっと注いで、「深蒸し茶」の味を楽しみ、
二煎目からは、急須を回したり揺すったりして、粉まで飲む様にすれば良いと思います。